Ichigo letter

おすすめ奈良

f0276510_23160663.jpg
好きなものに関わっていると

その道の面白い人間に出会います。


通訳ガイドの講座で講師を務められたこの方。

「奈良ひとり観光協会」を名乗る 安達 えみさん。


静岡出身なのに奈良が好きすぎて移住までしてしまったという方で、

一人で 企画、営業、ツアーガイド、チラシのデザイン・制作、講演・・・などを

こなしておられます。


講座でこの方の講義内容だけではなく、

トークと生き方まで心をわしづかみにされてしまった私は

ネットで検索して

彼女のガイドツアーに参加してきました。



とても魅力的なのは

「普通の」観光ガイドとは違った視点。

仏像などに関してはとてもマニアックな部分まで教えていただいて

そういう視点でみると実に面白い!

お寺、仏像、歴史、物語は

現代の自分たちとは切り離したものではなく

同じ人間の営みという見方。

そこに敬意と愛があふれていて

こんなガイドを受けるのは初めてです。


今回は 春日大社 式年造替神事 「お砂持ち」への参加と

興福寺 五重塔・三重塔 特別公開。

五重塔では入場前に注目する場所をガイドいただいてじっくり見ることができました。

南側 釈迦三尊像脇侍の菩薩の蓮台座の下には象( elephant !)と 獅子。

昔の人の仕事が素晴らしかったです。

安達さんのガイドは

自分の好きなことを伝えたい、という気持ちがいっぱいで

聞いている方ももっと聞きたくなって、ずっと笑顔になれます。


そして、安達さんは自称「ホトケ女子」。

美術品としての仏像が好きな「仏女(ブツジョ)」なのだけではなく、

信仰の対象として扱われてきた仏像と

信仰してきた人々とに

敬意を払ってて見るのが

「ホトケ女子」なのだそうです。


あるリサーチで

奈良県人は「地元が好き」度と「地元を他県人におすすめする」度が

全国で一番低かったそうです。
(ちなみにどちらも一番高いのは北海道と沖縄らしいです。)

「奈良には見るものは大仏と鹿しかない。」とか

「奈良に美味しいものがない」と

思っているのは地元の人たちのほう。


私も「大阪人」が移り住んだうちの一人ですので、

奈良は住んでみると奥が深いと感じています。

奈良県は観光業に力を入れたがっていますが、

奈良県人の意識改革が一番先に必要みたいですね。。。


奈良、に限らず、

日本中のどこでもにまだ大切にされ続けている物を通じて

日本人であることの

深い根っこの部分を知る事は

世界に出ていく今を生きる人たちにも

必要なのではないかと思います。



安達さん、・・・皆さんも機会があれば出会ってほしい方です。

f0276510_11522050.jpg


























[PR]
by ichigoenglish | 2016-10-12 11:54 | 奈良 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ichigoabc.exblog.jp/tb/26340626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ブータンからの人 数字 >>



生きる英語教室Ichigoのブログ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Ichigoについて
英語教室Ichigoは、生きた英語を大切にする教室です。東登美ケ丘の教室でこどもたちと好きなことをきっかけに英語を一緒に学習します。
レッスンの曜日、時間などはご相談ください。
ichigoichie.abc★gmail.com
(★を@に変えてください)

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新の記事
笑い
at 2017-08-02 16:52
アニメと仏像
at 2017-07-30 10:44
What are you w..
at 2017-07-18 22:40
コップの水
at 2017-07-16 23:32
おもてなし
at 2017-07-09 18:33
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧