Ichigo letter

<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フランスの風

f0276510_11302890.jpg

                              (↑京都・大徳寺 高桐院)
マレーシアで同じ時間を過ごしたフランス人の友人夫婦が訪ねてきました。

今回で2回目の日本。

前回は春の桜を見に、そして今回は紅葉を。

6年前、始めて訪れた日本が大好きになって、

今回念願の2回目です。

写真が趣味の御主人とパッチワークが趣味の友人。

私も彼女とはパッチワークがきっかけで話が合い親しくなりました。

どこに行ってもその土地の布地を手に入れてパッチワークに使われます。

彼女の作品は色使いが本当に素敵で、そのセンスにうっとりします。
(ここで作品をご紹介する機会があればいいのですが・・・)

今回もしっかりお店をチェックしておいて情報提供しました。


ご主人の定年までは海外転勤族で

ヨーロッパ内はもちろんのこと、アフリカ、アジアも点々とする生活。

その中での子育ての話や家族の形についての話は

日本の紅葉の中に溶け込むフランスの風みたいに

共感できるヒントがたくさんありました。


ここのところ、留学生の親のリトアニア人、

私の誕生日にメッセージをくれたスペイン人、コロンビア人、フィリピン人、アメリカ人の友人達、

そして今回のフランス人の友人・・・と沢山話せる機会があってつくづく感じるのは

国や人種は人生を送るのに関係ないな~、ということです。


ついつい誰しもその国の stereotype (固定観念/ステレオタイプ)で判断しがちですが、

大切なのはその人がどういう人であるか、という事。

同じ日本人の中でもいろいろな人がいるように、

欧米人だから outgoing ( 社交的/外向型 ) だとも限らないし、

shy な人も modest ( 内気な/控え目な ) 人もいる。

理想の子育てをしているかといえばそうばかりでもない、

映画や雑誌に出てくるようなところでも

人間や日常は

みんな同じようなことで悩んだり、つまづいていたりもする。

先進国だから考え方も進んでいるのかといえばそうとも限らない。

逆に新興国だから理解してもらえないだろうということもないし、

根っこを張った考え方に感動したりもするし、

ほっと優しい気持ちにさせてくれたりもする。

大家族で暮らしている人もいれば

一人暮らしもいるし、シングルマザーで頑張っている人もいる。

お父さんの単身赴任で家族が離れて暮らしている人もいれば

家で仕事をしているお父さんもいる。

子育ても夫婦も家族の形も、多種多様。

国や人種でひとくくりにはできないし、するべきではないな~、

という事を実感します。




自分が大切にしている事を守りながらも、

他者にそれを押し付けない。

そして

違ったものの存在も

たとえ自分の中に受け入れることができなかったとしても

respect 
尊重) する心は持つ

これからの子供達には、そんな風なやわらか頭に育って欲しいし、

自分もそうあり続けたいとあらためて願いました。





ちなみに今このフランス人友人の住んでいるところは、
フランス南西部、ピレネー山脈のふもと Pau というところだそうです。

きれいな街だそうなので、興味ある方はチェックを。(↓こちら)

















[PR]
by ichigoenglish | 2014-11-29 13:06 | 海外 | Trackback | Comments(0)

リトアニアの風

f0276510_00501445.jpg
リトアニア人留学生のお母さんからのプレゼント。

ライ麦パンやチョコレート、リキュール、チーズにサラミソーセージ、

お爺さんの畑のリンゴにはちみつ。

手編みの靴下とセーター。

部屋に一気にリトアニアの風が吹く。


母曰く、

引っ込み思案の娘が日本のアニメと出会い、

アニメの中の「日本」に恋をして、

日本語はアニメから学び、

その生活ですらアニメから知る。

そして、突然日本に留学したいと言い出した。


今、その娘は

親元を離れた9カ月の日本での出会いと生活で

しっかりとその足で立ち、

動き、

人間関係を作っている。


きっかけが何であっても

「好き」が人を成長させる。


今たくましくなった娘をまぶしそうに見る母。

娘のお陰で広がる世界。


子供は想像もつかない世界を親にプレゼントしてくれる。


















[PR]
by ichigoenglish | 2014-11-28 01:06 | 海外 | Trackback | Comments(0)

応援の言葉

f0276510_00013919.jpg
学校も2学期が終盤にさしかかってきました。

子供達は期末テスト前で不機嫌です。

進路のことや日々のストレスから

「ムリ~!!」という言葉をよく耳にします。

(最近の子供達の口癖でもあるみたいですが。。。)



子供達なんかは自分の為だけに時間を使おうと思えば使えるのに!

「無理」なんて言葉で片付けてもったいない!

と、怒るのは

あまりにもやりたい事が多過ぎて

知りたいことも多すぎて

でも時間も、その他の余裕も、思うようになくて、

何も達成できていない自分の狭さですね~。


英語で「達成する」は achieve

一つ心救われることに、

辞書に載っていたその反義語は、

失敗する」ではなく 

give up 、「あきらめる」。
abandon 、「(途中で)やめる」。
begin
 start始める」。
not finish終わっていない」。などなど


・・・という事は

達成の対極に位置する「始め」ことが最初。

そして、

give upあきらめる」事をしないでいれば

いつかは achieve 「達成する」事につながるんですよね。



やりたいことがはっきりしている子も

何をしたいのかまだまだ見えてこない子も

「ムリ」って言う言葉は置いておいて

あきらめないで

進んでいって欲しいです。


自分もこの言葉を胸に子供達に負けないよう

頑張らねば・・・。




















[PR]
by ichigoenglish | 2014-11-14 23:51 | こども | Trackback | Comments(0)

秋の日

f0276510_09533637.jpg
季節の中で一番好きなのが秋。

そろって緑だった葉っぱも、

黄、橙、赤、と、

同じ木でも色づき方が違って、

それぞれの味わいが増してくる。

空の青さも冷たくなってくる風も

透明感を連れてきて

より一層 葉っぱたちの色が

いとおしくなる・・・

そんな季節に生まれた私。

大阪の暑い夏を

大きなお腹をかかえながら

若き日の母は

厳しい祖父母と父とに囲まれて家業を営み

つらいということなく働き続け

やっと涼しくなって 秋。

私が生まれる。


もう誕生日は嬉しいものではないけれど、

歳を経るごとに

遠き日の母を想い

その頑張りをねぎらいたくなる。

そして、今の私を支えてくれている縁に

感謝するばかり。


秋の青空に飛んでいた赤トンボ。

空が気持ちよくて

指さしていたら

その先にとまってくれた。
f0276510_09535628.jpg

誕生日プレゼントにこんな素敵な手作りの物を頂いた。(ありがとうございます!!)

革紐に草木染めの布ビーズと焼き物のビーズを通したネックレス。



母がいて私がある。

空と私とその間を飛ぶトンボ。

人の手と想いと草木と土と生き物がつながった素敵なネックレス。



命も縁もみんなみんなつながっていく。














[PR]
by ichigoenglish | 2014-11-07 10:46 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

脳は変わる?!

f0276510_17264848.jpg
最近、脳の事をいろいろ調べていくうちに、こんな人に行きあたりました。

Barbara Arrowsmith-Young と言うカナダ人。

彼女は小さい時から学習障害(脳に欠陥がある)と診断され、

つらい幼少期、子供時代を経て、自殺未遂まで経験し大人になりました。

彼女の「障害」とは、mental block ( 思考の遮断 )と呼ばれ、

時計が読めない、 人の関係性がわからない、 抽象的な事が理解できない、 

物事の理由などが全く理解できない、走って来る車の距離感が分からない等々。

一方、聴覚・視覚でとらえたものはパーフェクトに記憶することができました。

ただ、それの持つ意味を統合して理解することなく。



そして26の時に、戦争で脳を損傷したロシア人兵士を研究した ロシア人神経心理学者の本に出会います。

その兵士はBarbaraと同じ状態を生きていることがわかり、

脳のある同じ部分が機能していないことを知ります。

また時を同じくして、彼女は アメリカ人研究者の行ったマウスでの実験の発見を知ります。

それは、刺激の多い環境、例えば回し車やおもちゃなどを置いたケージ(cage)におかれたマウスと

そうでない環境に置かれたマウスの脳を比べると、

あきらかに前者の方の脳がよく発達していることがわかったということです。



そして、彼女は自分の機能不全の脳の部分も刺激をすれば回復するのではないかと考えて

独自にexerciseを考えだします。

最初は読めなかった時計を読むこと:長針と短針の2本の針から始めて、秒針さらにはもっと細かく、

針をさらに増やしたり、日付をいれたり・・・などから。

そういった猛特訓を一日8~10時間繰り返し、3-4カ月が経ったあるとき、

突然、目にとまった心理学の本が全て理解できるようになっていました。

今まで抽象的なこと、意味がつながらなかった断片的な情報がすべてつながり

意味をなした瞬間でした。

彼女の脳が変化し、機能をし始めたのです。


この経験から、彼女は脳は持って生まれたもので変えられないのではなく、

後からでも刺激によって変わることができる、と証明しました。

そして、彼女と同じように「学習障害」だと診断され、

沢山の可能性の道を狭められてしまった子供達を救うために1980年に学校を設立しました。


現在はカナダとアメリカを中心に世界的規模で学校を運営し、

ADDやADHDといった子供達を脳のトレーニングによって正常化することに成功し、

子供達の夢へと導いているそうです。



人間の脳の不思議。

「脳の障害」ではなくても、

どんな人にも言えることがあるな~、と思います。

持って生まれたものだから変わらない、のではなくて

自分の思い方のクセのようなものを知って、

そこを変える努力をすれば

自分自身の身体を変えることができる。

身体が変われば精神が変わる、ということにつながると。


脳を含めた人間の計り知れない可能性と柔軟さ。

本当に面白いです!

もっと詳しいことを知りたい方はこの本を。そしてその記事はこちら↓




















[PR]
by ichigoenglish | 2014-11-03 23:18 | 教育関連 | Trackback | Comments(0)



生きる英語教室Ichigoのブログ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Ichigoについて
英語教室Ichigoは、生きた英語を大切にする教室です。東登美ケ丘の教室でこどもたちと好きなことをきっかけに英語を一緒に学習します。
レッスンの曜日、時間などはご相談ください。
ichigoichie.abc★gmail.com
(★を@に変えてください)

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新の記事
What are you w..
at 2017-07-18 22:40
コップの水
at 2017-07-16 23:32
おもてなし
at 2017-07-09 18:33
スーパーウーマン
at 2017-05-30 22:46
Don't look bac..
at 2017-05-27 11:55
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧