Ichigo letter

<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春日の大とんど

f0276510_12504632.jpg
前回に引き続き春日大社関連を。。。

キャンセルが出たため急に繰り上げ当選となって参加できることになった春日の大とんど。

「とんど」とは、正月15日に、門松・竹・しめ縄などを燃やす行事のこと。

春日大社は、このとんどの火を取り分けて、夜の若草山の山焼きに使うそうで、

毎年若草山の山焼きの日に行われます。

日本では古来から 火 や 水 は 神様の力や恵を伝える力があると信じられているので

神事には欠かせないものです。

人々はこのとんどの火にあたり、無病息災を祈ります。


奈良に住んでいても初めての参加。

これは 奈良市 生涯学習課 が 企画運営している 奈良ひとまち大学の授業のひとつでした。

春日大社の式年造替のお話や本殿の詳しい説明を

禰宜(ねぎ/ 宮司を補佐する役)と呼ばれる役職の方に教わり、

今まで不思議に思っていたことも質問できたり、

有意義な3時間でした。


さて、ここで 英語奈良ガイドとして見所を少しご紹介。

f0276510_13272953.jpg
f0276510_13240115.jpg
f0276510_14231883.jpg
もともと日本にある自然崇拝から生まれた神道。

自然になるべく手を加えず、そのままの形で敬う、

ということから、回廊は山の傾斜そのままに柱を建て屋根をつけてあります。

山を削らずに建物の方をそれに合わせて建てる、というのは高い技術がいるそうです。

また、ご神木が思わぬ方向にのびてしまいましたが、

木を切らずに建物の方を調整したのがこの写真(↑)。

神様が鹿島神宮(茨城県)から白鹿に乗って天降られた場所、

三蓋山(みかさやま)を拝む場所はこちら(↓)。

世界遺産(World Cultural Heritage )の 

春日原始林(Kasuga primeval forest )が後ろに広がっています。

神道の神様は英語で deity と表わします。
             
f0276510_00050815.jpg
自然に対する畏敬の念、

神道を信じていても信じていなくても

人間は持ち続けていって欲しいです。

そして

宗教の名のもとに傷ついたり傷つけたり、悲しむ人がいることがない世界を望みます。

God has no religion. (神は宗教を持たない)
                Mahatma
Gandhi (マハトマ・ガンジー)












[PR]
by ichigoenglish | 2015-01-26 13:56 | 奈良 | Trackback | Comments(0)

新年会

f0276510_00100168.jpg

奈良英語ガイド講座で一緒だったメンバーとの新年会。

まずは春日大社まで復習を兼ねて歩きます。

何度もガイドを経験されている皆さんと歩くと

忘れている事ばかりで、

あ~、復習しないと!・・・と反省。



春日大社本殿に上るまでに

祓戸(はらえど)神社というのがあり、

まずはそこをお参りすることで

日ごろにたまった 罪(つみ)・穢(けがれ)を清めます。

神道の 罪・けがれ、というのは

つみ・・・・神様からいただいた健康な身体を包み隠してしまうようなもの(包む身=罪)

けがれ・・・我々を生かしてくださる神様の気を枯らしてしまうこと(気枯れ=穢)、

だといいます。

この神社で清めた身体で春日大社本殿にのぼり、

また新たに気をチャージ(charge / fill up )してもらう、

というのが神道の考え方だそうです。



朝から雨でしたが

お参りしている間はそれも止んで

空気が澄んで緑も鮮やか。


その後は志賀直哉旧居へ。

久しぶりに集う仲間と

ゆっくり会話を楽しんで・・・
f0276510_00054589.jpg
f0276510_00072205.jpg
気をたっぷりチャージしてもらって

帰りには

また元気100%になっていました。
















[PR]
by ichigoenglish | 2015-01-22 22:06 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

奇跡

f0276510_15022592.jpg
                           ( 金閣寺 鯉魚石 にできた虹↑ )
今日は今年最初のシニアクラスレッスンでした。

いつものお顔も揃い、

新しいメンバーも加わって、さらに賑やか。

皆さんの年末年始のお話や、

英語に関する話、

前回までの復習と

その成果を見せていただくことができました。

こうして今年もバラエティーに富んだ方々と

共通の興味 English を通して一緒に時間を過ごせることに感謝します。


教室の名前、ichigoは一期一会を大切にしたい、ということからなので、

今年も、

1回ごとのレッスンはもう2度と戻ってこない、という思いでやっていくつもりです。


一瞬一瞬が本当は奇跡。

当たり前のことなんて何もなく、

2度と同じ時間は戻っては来ないのです。

ついこの前までそこに元気でいた友人が、

今日、病院で大手術をうけることに。。。


”普通の日”が送れているのは

奇跡が連続しているだけ。


There are only two ways to live your life.

One is as though nothing is a miracle.

The other is as though everything is a miracle.

       ― Albert Einstein ー  

( 人生には2つの生き方しかない。
  一つは 奇跡など全く存在しないかのように生きる。
  もう一つは、全てが奇跡であるかのように生きるという事だ。
       - アルバート・アインシュタイン -



毎日への感謝と、

友人の快復への祈りを捧げます。


















[PR]
by ichigoenglish | 2015-01-21 15:04 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

旅立ち

f0276510_00073703.jpg
今日、我が家で過ごした10ケ月間の留学生活を終えて

高校生の女の子はリトアニアへ戻って行きました。

まずは無事に期間を修了することができたこと、

そして、楽しい日本での生活だった、また戻ってきたいと

満足して帰ってもらう事ができたことに安堵。


当初から、アニメで学んだ流暢な日本語を話し、

アニメソングは完璧な日本語で歌う事に驚かされ、

そのうち毎日通う大阪の高校で大阪弁をマスターし、

受け答えの仕方まで関西人になってしまったスーパーガール。



リトアニアには 女子校も制服も、学級も、クラスごとの決まった教室も、

いろんな学校行事(体育祭・合唱祭・文化祭・宗教行事その他)も無く

全てが初めての経験だったそうです。

最初、 行事で早起きして学校に行ったり、放課後の練習など

「めんどくさ!」「しんどい~」と言っていたのが

行事を経るごとに

友達や先生との関係も深まり

絆ができて、

毎日話してくれることを通じて

どんどん成長していく姿を目の当たりにしました。

ひとつのものをみんなで作り上げる一体感。

個人主義のヨーロッパにはない学校行事。


日本の学校もあながち捨てたもんじゃないな。。。と。


個人を大切にする社会と

関係性を大切にする社会。

どちらも優劣はないけれど、

どちらにしても

人とのかかわりの中でこそ人は成長する、と

確信します。



そしてホストをした私たちも

彼女とかかわり

学校の先生方とかかわり、

留学のお世話をしてくれている方々とかかわり、

その他いろんな人とかかわることができて

少し成長することができた気がします。


沢山のひとの愛に守られて

10カ月間を無事に過ごせたこと、

彼女の笑顔を見て見送ることができた事に

感謝します。












[PR]
by ichigoenglish | 2015-01-10 23:59 | こども | Trackback | Comments(2)

ゆくとし くるとし

f0276510_19521691.jpg
                                 ( 信貴山 朝護孫子寺 ↑)

気がつけば2014年も慌ただしく暮れ、2015年が明けていました。

いつも支えて下さっている方々、なつかしい方々、新しく出会った方々、

沢山の人と御縁を頂き、忙しいながらも幸せに1年過ごせたことに感謝しております。

皆さん、ありがとうございました!



そして迎えた新年。

我が家は、新年のお祝いと父の誕生日の祝いに

子供達がそれぞれの家族を連れての集まりから始まりました。

新しい年が来るたびに大人は老いていくわが身をおもってしまいますが。。。

古今集のこの歌を英語に訳してあるものをみつけました。

【古今集903番】

老いぬとて

などかわが身をせめきけむ

老いずはきょうに

あはましものか


Why should I berate
my aging body complain
of growing older —
if we did not age would I
ever have known this blessed day.

( 訳:Laurel Rasplica Rodd

( 老いたからといってどうして我が身を嘆こうか、
ここまで生き長らえなければ
今日のこの素晴らしい日にあえなかったのだから )



沢山の子供達、孫たちに囲まれて迎えられる新年。

いろいろ身体の不調はあっても

感謝の種はいくらでもありますね。


この一年もマイナスに目を向けずに
( いや、マイナスと見えるだけで実はプラスも隠れてたり。。。)

プラスを見つけながら

ひとつひとつ歩んでいきたいと思っています。


本年もどうぞよろしくお願いいたします!











[PR]
by ichigoenglish | 2015-01-04 21:26 | 暮らし | Trackback | Comments(0)



生きる英語教室Ichigoのブログ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Ichigoについて
英語教室Ichigoは、生きた英語を大切にする教室です。東登美ケ丘の教室でこどもたちと好きなことをきっかけに英語を一緒に学習します。
レッスンの曜日、時間などはご相談ください。
ichigoichie.abc★gmail.com
(★を@に変えてください)

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新の記事
サクラ
at 2017-04-15 22:47
奈良公園プロジェクト
at 2017-03-27 00:09
えいごでお料理!
at 2017-03-06 23:23
Hope invites.
at 2017-02-17 08:41
春の講座
at 2017-02-07 18:43
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧