Ichigo letter

<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大晦日2015

  急がれぬ

  年の暮れこそあはれなれ

  むかしはよそに聞きし春かは

 (藤原 実房 新古今集 701番)

急がされることもない
歳の暮れこそおもむき深いものです。
むかしはよそ事みたいに
春の支度を眺め聞くような気持にはとてもなれませんでしたから。


88歳の 藤原 実房が詠んでいるこの詩で遠い昔となっている

そんな大晦日を毎年送る羽目になっていますが

皆さんはいかがですか?


横で受験勉強で古典や日本史にヒーヒー言っている娘ですが、

たまに、

古典の中のあれこれの話を知ると、

時代が変わっても日本人の心は変わらないね。。。

と、面白がって教えてくれます。


大晦日のこの独特の雰囲気に

わび さび を感じるのは

日本ならでは、のものでしょう。


ちなみに、世界の大晦日はこんな感じだそうです。(こちら↓)


さて、今年も振り返ってみると沢山の出会いがありました。

そして、いろんな気づきがありました。

やり残したことは山のようにありますが、

来年もあきらめないで

一つずつこなしていきたいと思います。

いつも支えてくださっている皆さん、

2015年もありがとうございました!!


奈良は暖かい年末ですが、

皆さん、体調に気を付けてよいお年をお迎えくださいね!




























[PR]
by ichigoenglish | 2015-12-31 20:22 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

Christmas songs

One of my favorite Christmas songs for you today is...

Driving home for Christmas(←歌はこちらをクリック)

I'm driving home for Christmas
  僕は故郷へと車をはしらせる、クリスマスだからね
Oh, I can't wait to see those faces
  ああ、みんなの顔を見るのが待ちきれない
I'm driving home for Christmas, yea
  僕は故郷へと車をはしらせる、クリスマスだからね
Well I'm moving down that line
  あの線を走り抜けて
And it's been so long
  とても時間がかかっているけど
But I will be there
  でもそのうちそこに着く
I sing this song
  僕はこの歌を歌う
To pass the time away
  早く時間を過ごすために
Driving in my car
  車を運転しながら 
Driving home for Christmas
  クリスマスだから故郷へと運転する

It's gonna take some time
  しばらく時間もかかるだろう
But I'll get there
  でもそのうちそこに着くよ
Top to toe in tailbacks
  最初から最後まで車の渋滞が続く中で
Oh, I got red lights on the run
  赤い信号で足止めをくらっても  
But soon there'll be a free-way
  でも、すぐに高速道路があるだろう
Get my feet on holy ground

  早くその聖地に足を降ろさせてくれ

So I sing for you
  だから僕は君に歌う
Though you can't hear me
  君は僕のこと聞こえないだろうが
When I get trough
  僕が通り抜けたときに
And feel you near me
  そして僕が君を近くに感じれば
I am driving home for Christmas
  僕は故郷へと車を走らせる、クリスマスだからね 
Driving home for Christmas
  クリスマスだから故郷へと運転する
With a thousand memories
  たくさんの思い出とともに
I take look at the driver next to me
  僕はとなりの車のドライバーをちらりと見る
He's just the same
  彼も全くおんなじだ
Just the same
  まったくおなじだ
Top to toe in tailbacks
  車の渋滞が続くなかで
Oh, I got red lights on the run
  ああ、信号が赤で足止めをくらった
I'm driving home for Christmas, yea
  クリスマスだから故郷へと運転する
Get my feet on holy ground
  早くその聖地に足を降ろさせてくれ
So I sing for you
  だから僕は君に歌う
Though you can't hear me
  君が僕のことを聞こえなくても
When I get trough
  僕が通りぬけたときに
And feel you near me
  そして僕が君を近くに感じれば
  
Driving in my car
  車を運転する
Driving home for Christmas
  故郷へと車を走らせる、クリスマスだからね
Driving home for Christmas
  故郷へと車を走らせる、クリスマスだからね
With a thousand memories
  数えきれないたくさんの思い出とともに




























[PR]
by ichigoenglish | 2015-12-20 23:32 | 海外 | Trackback | Comments(0)

岡山

f0276510_23304154.jpg
母の故郷、岡山県。

子供のころ、母に連れられて行く

学校の長期休みのお楽しみの場所。


冬の高梁川のこんな景色にみとれながら、

妹と二人の excursion ( 遠足 )です。


この寒空ですが、

レンタサイクルでちょっと子供に返った時間。

誰もいない道を

冗談やアホな話で

大声で笑いながら自転車で走るのは

最高に幸せな時間です。


こんなローカル線に乗って

延々と喋り続ける。。。
f0276510_23474426.jpg
f0276510_23472545.jpg

目まぐるしく過ぎる毎日で

いろんなことを抱えて頑張ってる妹の

「妻」でも、子供達の「親」でもない

ただの「妹」に戻っていっぱい笑う。


お互い明日からまたがんばろう。












[PR]
by ichigoenglish | 2015-12-12 23:29 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

手作り

f0276510_22471828.jpg
What do you think these are?

They are "Kon-nyaku" , yam cake!

はい、こんにゃくです。


こんなこんにゃく芋↓から作ります。

f0276510_22430047.jpg
これを洗って小さく切ってやわらかくなるまでゆで

皮をむいてぬるま湯と合わせてミキサーにかけ
f0276510_23080884.jpg
f0276510_23065739.jpg
どろどろの液体に水酸化カルシウム(凝固剤)を入れて混ぜ

形をつくって水を張った鍋にいれ

それを火にかけてゆっくり茹でて出来上がり!


できたてのこんにゃくを わさび醤油で お刺身としていただきました。

こんなに美味しいこんにゃくは初めてです。


ギャラリー津遊 さんでの楽しい時間。

なんでも最初から手作りするのは最高の楽しみですね。















[PR]
by ichigoenglish | 2015-12-10 22:46 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

レモン

f0276510_21510321.jpg
今年も生徒さんが育てたレモンをいただきました。

愛情たっぷりに大きくなったレモンは

つやつやして元気で

そしてレモンながら どっしり存在感もあって

愛おしくなって 食べるのがもったいないほどです。


レモンと言えば、

イギリス人が大好きな Lemon curd レモンカード)と呼ばれる

レモンのカスタードクリームのようなものを思い出します。


以前教室で、イギリス人シェフとのコラボレッスン「英語でイギリス料理!」でも

作りました。

材料はレモンのしぼり汁と皮のすりおろし、砂糖、バター、卵を湯煎にかけて

ひたすら混ぜ続けると固まってカスタードクリームのようになります。

イギリス人はこれをトーストやクラッカーにぬったり、

レモンタルトのようにしたり・・・。

ジャムと同じ感覚で使います。

クレープの中に他のフルーツと一緒に使ってもいいですね。


詳しい作り方をBBC の お料理のページに見つけました。(こちらをどうぞ↓

作り方はそんなに難しくないので

是非、英語を訳すチャレンジをして作ってみてくださいね!











[PR]
by ichigoenglish | 2015-12-08 22:00 | 海外 | Trackback | Comments(0)

silver lining

f0276510_00304000.jpg
風が強くて、雨も降ったり止んだりの変なお天気。

でも、こんな素敵な空が。

silver lining

銀の裏地 → (地上から見た灰色の雲の後ろ側で輝く)裏地
→ 希望の兆し(比喩)
        
                     (英辞郎 訳より)


どんより空でも外に一歩踏み出したらこんな景色に出会えます。

今がつらい時期の受験生達、

希望の光は、もしかしたら自分の上に降り注いでいるかもね!















[PR]
by ichigoenglish | 2015-12-05 00:44 | こども | Trackback | Comments(0)



生きる英語教室Ichigoのブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Ichigoについて
英語教室Ichigoは、生きた英語を大切にする教室です。東登美ケ丘の教室でこどもたちと好きなことをきっかけに英語を一緒に学習します。
レッスンの曜日、時間などはご相談ください。
ichigoichie.abc★gmail.com
(★を@に変えてください)

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新の記事
Don't look bac..
at 2017-05-27 11:55
GW
at 2017-05-04 08:55
ことば
at 2017-04-28 10:04
サクラ
at 2017-04-15 22:47
奈良公園プロジェクト
at 2017-03-27 00:09
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧