Ichigo letter

<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カンボジア


f0276510_10102850.jpg


カンボジアからの写真が届きました。

首都プノンペンからシアヌークビルに向かう途中。

f0276510_10103862.jpg

f0276510_10100085.jpg
f0276510_23434309.jpg

カンボジアは、アンコールワットの遺跡で有名ですが

恐ろしい暗黒の時代もありました。

1975年から1978年のポル・ポト政権支配下の市民大量虐殺。

ベトナム戦争が発端となり巻き込まれたカンボジア。

当時700~800万人の人口のうち、200万人近くの大人(教師、知識人、僧侶、文化人その他)も

残虐な形で命を奪われ、内戦でも多くの命が失われました。

子供が洗脳され、少年兵が闊歩する。

その影響は今でも深い爪痕を残し、

特定の世代のいなくなった国、

カンボジアの平均年齢は25歳ともいわれています。

いまだにタイとの国境近くには地雷もうまっているそうです。
f0276510_12143388.jpg

車窓からの学生さん達の自転車の群は

痛々しい過去から希望へとつながっているようです。

どの国でも、大人が子供たちの眼をくもらせることのないように、

そして

子供たちが人間としての自由と尊厳を守り続けていってくれるように

こころから願います。
















[PR]
by ichigoenglish | 2016-04-25 12:28 | 海外 | Trackback | Comments(0)

芸術は爆発だ!

f0276510_23262023.jpg
読みたかったのは「眼ー美しく怒れ」(岡本太郎)という本でしたが、

タイトルを間違えて注文してしまい、届いた本です。

・・・が、初めて岡本太郎という人を知るにはとてもわかりやすい本でした。


今更 なぜ 岡本太郎??。。。ですが、

ふと目にした 彼が言っていた言葉に思わず心をつかまれてしまい、

どんな人だったのか知りたくなりました。


その言葉とは (以下 「眼-美しく怒れ」本文抜粋)・・・

    

    ある人が言った。

   「あなたは絵描きさんでありながら、さかんに文章も書くし、
    いったいどっちが本職ですか」

   「本職? そんなのありませんよ。 バカバカしい。 
    もしどうしても本職って言うんなら、『人間』ですね」

     みんなが笑う。どうして笑うんだろう。

     生きがいをもって猛烈に生きること。

     自分のうちにある、いいようのない生命感、神秘のようなもの、

     それを太々とぶつけて出したい。



これは 岡本太郎がいつも大真面目に答えていたことだそうです。


 何もかもが細分化、専門化された現代社会で

 お互いにそれぞれ他の領域の事はやらないし、知らない。

 それが果たして「人間」なのか?

 職能の中に閉じ込められることに我慢できない、

 というより天然自然、本能的に

 ヌクヌクッとそこからはみ出してしまう


・・・と、長年彼をそばで見てきた著者の言葉。



実際、岡本太郎はフランスのソルボンヌ大学に留学し、

芸術だけでなく、哲学、民俗学、人類学、心理学など

様々な分野の勉強を熱心にしたそうです。



そんな数えきれないエピソードの数々。

次から次にページをめくっては

どんどん 人間 「岡本太郎」の魅力に引き込まれてしまった読書タイムでした。

最初に読みたかった本「眼―美しく怒れ」が届くのも楽しみです。















[PR]
by ichigoenglish | 2016-04-16 00:00 | | Trackback | Comments(0)

今年の花見

今年の春はあちこちのサクラを見に行けました。

氷室神社から始まり、けいはんな公園、郡山城の夜桜、

そして

6年も奈良に住んでいながら初めて訪れた佐保川のサクラには感激しました。

この短い花の季節を特別な気持ちで過ごす日本人。

あらためて日本人のサクラへの想いを感じずにはいられません。


もう葉桜になってみずみずしい緑がまぶしいですが、

今年お花見に行けなかった方のために・・・

f0276510_23055019.jpg
f0276510_23051075.jpg
f0276510_23042446.jpg
f0276510_23035663.jpg






















[PR]
by ichigoenglish | 2016-04-08 23:20 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

サクラ

f0276510_23344478.jpg
4月になりました。

サクラも次々に花を開いていよいよ春です。

このなんとなくそわそわして

期待が膨らんでいくような

でも、同時に寂しさも漂う桜の季節。

新しい世界への緊張した気持ち。


早く咲く桜の花もあれば

遅咲きの花もあります。


2歳の娘が好きだった映画 Mulan(1998年)で

結婚相手を紹介する仲人さんのおめがねにかなわず

大失敗して落ち込んでしまったMulan

父が庭の花を眺めながら慰めるようにつぶやきます。


What beautiful blossoms we have this year.

But look. This one's late.

But I'll bet that when it blooms, it will be the most beautiful of all.

( なんて今年の花は美しいのだろう。
  しかし、ごらん。 この花は遅い(つぼみを指して)。
  でも、それが花開いたときは、きっとどの花より一番美しいにちがいない。)


早くても遅くても、

みんなの上に

サクラサク

















[PR]
by ichigoenglish | 2016-04-01 23:59 | こども | Trackback | Comments(0)



生きる英語教室Ichigoのブログ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Ichigoについて
英語教室Ichigoは、生きた英語を大切にする教室です。東登美ケ丘の教室でこどもたちと好きなことをきっかけに英語を一緒に学習します。
レッスンの曜日、時間などはご相談ください。
ichigoichie.abc★gmail.com
(★を@に変えてください)

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新の記事
笑い
at 2017-08-02 16:52
アニメと仏像
at 2017-07-30 10:44
What are you w..
at 2017-07-18 22:40
コップの水
at 2017-07-16 23:32
おもてなし
at 2017-07-09 18:33
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧