Ichigo letter

食べること

いつも興味深い話題が満載のTED talk

TED talkとは、「広める価値のあるアイディア」をスローガンに、

学術・エンターテイメント・デザインなどの様々な分野の人が講演を行い、

それをインターネット上で無料公開し、

各国の言語に訳すボランティアとともに世界に配信されているものです。



今回ご紹介したいのはこのお話。

アメリカの肥満と食の関係から、食文化をきちんと子供達に伝えることの大切さを語り、

アメリカから世界を変えようと活動されている

イギリス人シェフであり、小さい子を持つお父さんがプレゼンテーションを行っています。


最近、忙しいのと、この暑さも加わって

夏休みで子供達も家にいるので、食事を作るのが面倒なこともたびたび。。。

食べることをおろそかにしてはいけない、

・・・と頭ではわかってて

罪悪感を感じながらも

簡単にすませてしまったり・・・。



ここ2年ほど、友人をきっかけに

マクロビオティックのお料理と考え方を知って

食の大切さを感じながら、

実践しようと頑張ってきていたのに

ついつい忙しくなってくると

易きに流れる自分に反省。



食べることは生きること。

忙しさを言い訳にできない現実があります。

このプレゼンテーションを行っているイギリス人の

草の根の活動は

私にマクロビオティックを教えてくれた友人達に

共通するところが沢山あって

もっともっとそういった動きが

世界中に広がっていけば、

食べることのみならず、

物の考え方も変わっていくと思います。



この間、薬師寺の管主が言っていたことに

働くという事は「かせぎ」と「つとめ」の二つの意味があると。

「かせぎ」は食べていく(生活する)こと。

「つとめ」は世の中での自分の役割を果たすこと。



このプレゼンテーションで、

その内容の「食文化を伝えることの大切さ」だけでなく、

講演者、Jamie Oliver氏の自分の仕事の「つとめ」という態度にも感動しました。



その講演はこちらから(TED talk - Teach every child about food)
[PR]
by ichigoenglish | 2013-08-13 08:21 | 海外 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ichigoabc.exblog.jp/tb/20196374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 貴婦人と一角獣展 夏は修行?! >>



生きる英語教室Ichigoのブログ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Ichigoについて
英語教室Ichigoは、言葉とその人らしさを大切にする教室です。大人も子供も夢への一歩を応援します。
レッスンの曜日、時間などはご相談ください。
ichigoichie.abc★gmail.com
(★を@に変えてください)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新の記事
18の扉
at 2018-10-12 09:56
マスキングテープ
at 2018-10-01 20:26
ENGLISH CAFE 2..
at 2018-09-23 17:55
ルーブル美術館展
at 2018-09-22 17:53
スピーチコンテスト
at 2018-09-21 10:19
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧