人気ブログランキング |

ひとの気持ち

道徳の授業参観にいってきました。

テーマは「いじめについて」。

学校でとりあげなくてはならない、だけど、取り扱いには難しいテーマ。

授業参観が終わって、

とてももやもやして、悲しくなって帰ってきました。




昔見た、NHKで放送されたアメリカの小学校教師で人種差別体験授業をした先生のドキュメンタリーを思いだしました。 
(Youtubeで探したら、ありました!「青い目、茶色い目~教室は目の色で分けられた~」という題です。
 是非多くの人に見ていただきたいので添付します。見て下さいね。)

このドキュメンタリーは人種差別をテーマとしていますが、

「いじめ」も 「差別」と共通するこころの動きがあります。



このテーマを子供達に教える時、

教師は全霊で取り組む必要があると感じます。

大人の社会ですら存在する「いじめ」。

そしてそれが大人になると「虐待」ということにまで発展する。


教育者である以上は

カリキュラムだから、という簡単な気持ちで取り扱うべきではないと思います。


グローバル社会と呼ばれて久しい昨今。

同じ教室や場の人の中で起こる「いじめ」について真剣に考えられずに

グローバルな人間が育つのか。

教育者である大人が真剣にならない限り

これから生きていく子供達に大事な事は伝わりません。

特に、

このストレスの多い社会、

「ストレス」という言葉がいじめの免罪符にならないで欲しいと願います。




トラックバックURL : https://ichigoabc.exblog.jp/tb/20813980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ichigoenglish | 2013-11-10 16:37 | 教育関連 | Trackback | Comments(0)

生きる英語教室Ichigoのブログ


by ichigoenglish
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る