Ichigo letter

唐招提寺

f0276510_15485754.jpg

奈良市生涯学習教育財団が主宰の「奈良ひとまち大学」。

今回は、大好きなお寺「唐招提寺」で、

執事の石田太一氏より、

鑑真和上が伝えたコト・モノについての講義を受けました。



鑑真和上没後1250年。

今私達日本人があたりまえと思って使っている日常のもの、

日々食べているもの、よりどころとする考えなど。。。は

鑑真和上が中国からもたらしたこともたくさんあります。


仏舎利、や経典、仏像、仏画、掛け軸、屏風はもとより、

みそやチーズ、せんべい、お菓子、などや

現在は染料に使われている(ミロバランという名)呵梨勒(かりろく)という植物が

当時は薬(下剤・便秘薬)として、

それと同様に胡椒、蜂蜜も薬として持ち込まれました。


そして、鑑真和上と一緒に日本にやってきたのは

14人の優秀な弟子達と、

中国人だけでなく、ウズベキスタン人、その他大陸の国際色豊かな24人だったそうです。



鑑真和上は、当時の日本の僧侶達にきちんと戒を授け、

正式な仏教の僧侶にする為に招かれたわけですが、

その記録「唐大和上東征伝」には

1000セットもの受戒に必要な装束や付属品も船積みされて来た、

とあるそうで、

それだけの僧侶を育てようとした意気込みが読み取られます。


講義では、

鑑真和上とその弟子達が、自分達の知りうる全ての知識・知恵・文化・技術を命がけで

日本人に伝え、人を育てた事だけでなく、

お寺にある仏像達を見ても

一緒にやってきた大陸の名だたる仏師達が、

日本人の仏師にありとあらゆる技術と知恵を伝え、

人材育成しようとしたことがわかる、との事。

師匠の中国人仏師の作と、当時の日本人弟子の作、

彫りの細かさが違ったり、

力強さが違ったり・・・と。

奈良時代のお寺の建立は

まさに国際交流の舞台、そして学びの場だったんですね。



お寺や仏教が、

「お葬式」のイメージではなく、

これからを生きていく 後の世代の人の為の場所だった事に

奈良のお寺の魅力を感じます。

f0276510_15512077.jpg

[PR]
by ichigoenglish | 2013-11-27 14:50 | 奈良 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ichigoabc.exblog.jp/tb/20959737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たんぽぽ at 2013-11-27 16:28 x
前におススメ下さって、行きたいと思いながらまだ行けてないんですよー。ぜひ今度一緒に連れてってくださいなー!
Commented by ichigoenglish at 2013-11-27 22:31
ぜひ! たんぽぽさんもお忙しそうなので、御都合いい時あれば連絡して下さいね~。
<< クリスマスツリー ケジューとテンテンチン >>



生きる英語教室Ichigoのブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Ichigoについて
英語教室Ichigoは、言葉とその人らしさを大切にする教室です。大人も子供も夢への一歩を応援します。
レッスンの曜日、時間などはご相談ください。
ichigoichie.abc★gmail.com
(★を@に変えてください)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新の記事
18の扉
at 2018-10-12 09:56
マスキングテープ
at 2018-10-01 20:26
ENGLISH CAFE 2..
at 2018-09-23 17:55
ルーブル美術館展
at 2018-09-22 17:53
スピーチコンテスト
at 2018-09-21 10:19
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧