人気ブログランキング |

マザー・テレサ

f0276510_20553953.jpg
全然予期していない時に

ふっと心にひっかかる言葉ってありませんか?

車で交差点の信号待ちをしていた時

そこにあったカトリック教会の

道路に面した掲示板。

「大切なのは何を為したかではなく、どれだけの愛をその行いに込めることができたかです。」
              マザー・テレサ   

その言葉を見て以来、

事あるごとに響いています。


調べてみると、実際の文は


“I am not sure exactly what heaven will be like,
but I know that when we die and it comes time for God to judge us,
he will not ask, 'How many good things have you done in your life?'
rather he will ask, 'How much love did you put into what you did?”

私は天国がどのようなものかはわかりません、
でも、私たちが死を迎えた時、そして神が私たちを裁くとき、
神はこのようには尋ねないでしょう、「おまえの人生でどれくらい沢山良い行いをしたのか?」と。

むしろ、神は、「おまえが行った行いにどれほどの愛を込めたのか?」と尋ねるでしょう。


私はクリスチャンではありませんが、

子育てでも、

仕事でも、

自分の人生においても

この言葉を軸にすれば

もっと自分も周りも幸せになるような気がします。


今の自分への戒めです。。。

















トラックバックURL : https://ichigoabc.exblog.jp/tb/24452750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ichigoenglish | 2015-09-10 10:33 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

生きる英語教室Ichigoのブログ


by ichigoenglish
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る