人気ブログランキング |

f0276510_00122569.jpg
ここのところレッスン後の喉の調子が気になっていたので、

医者に行ってみましたが、特に悪いところもなく・・・

これは声の使い方だ!ということで

話すためのボイストレーニング講座、というものに行ってきました。


ボイストレーニング、というと歌手とかがするようなもののイメージがありましたが、

よく考えれば、アナウンサーや声優もやっているものなんですよね。

講師は、NHKやテレビでも出演されている先生で、

とても分かりやすく、楽しく、しかも始める前と後では違いが実感できたのは驚きです。


よく腹式呼吸で歌うように、と言われたりしますが、

話すときも同じでした。

大切なのは呼吸。 息遣いです。


英語の講師として興味あったのはこんなお話。

日本語は音の高低だけで、胸式呼吸でも話ができるが

英語はアクセントと子音のために、腹式で話をしている、ということ。

腹式で話すと声が遠くまで響いて届く。

その分、声が大きいとか、うるさく聞こえたりもする。

面白いのは、関西弁が英語の息遣いに似ているとのことでした!

だから、関西人はうるさいのではなくて、

腹式で喋っているだけだそうです。


これらのことを頭におくと、

伝わる英語を話す方法のヒントになりますね。

せっかく口からでた言葉。

相手に伝わるように話す、というのは大事なこと。


ボイストレーニング、なかなか面白い講座でした。

機会があれば皆さんも是非いかがですか?




























トラックバックURL : https://ichigoabc.exblog.jp/tb/24653592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ichigoenglish | 2015-11-09 00:05 | 勉強会 | Trackback | Comments(0)

生きる英語教室Ichigoのブログ


by ichigoenglish
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る