Ichigo letter

フォトウォーク

f0276510_13444191.jpg
先日出会った安達さんと写真家の西口さんコラボの奈良県の企画、

「平城宮跡 フォトウォーク」に参加してきました。

・・・がお天気はあいにくの曇り空。
(↑この写真は1カ月前にお天気の良い時にとったもの。青空ならこんなにも違います。。。)
f0276510_13411823.jpg

実際はこれ↑でしたが、

西大寺から始まって平城宮跡、称徳天皇陵へと、

称徳天皇を感じるwalk。

安達さんの案内と

西口さんの写真のアドバイスを受けながら

充実した時間!

f0276510_13350650.jpg
称徳天皇は、

東大寺を創建した聖武天皇と

興福寺、法華寺、新薬師寺の創建・整備に関わった光明皇后の娘で、

男子の育たなかったその両親の元

女性にして天皇になる道を課せられました。

そのプレッシャーの中で

創建されたのが西大寺。

国の守護と平安を願って

東西南北四方を守る四天王像を中心に建てられました。

現在五重塔跡に残っているのは

八角七重塔にしたかったという称徳天皇の痕跡のみ。

実際は資金難から五重塔となりましたが、それも1502年に焼失。


安達さんのお話によると

称徳天皇は僧の道鏡への寵愛を歴史はあまり良い事を書いていませんが

権力争いや災害・飢饉、その他混乱した時代の中で

女性一人、天皇として国を治めることの重さ、プレッシャーを

おしはかってみると

唯一信じれる人間がいれば、

そして

ましてそれが男性であったなら、

若い女性天皇が恋心を持ってしまったとしても自然な事では・・・

歴史に残されているものからだけでは計り知れない

人間ドラマがそこにある、と。


そうやってひとつひとつにその時代をシュミレーションして想像してみるのは

とても興味深い事です。

同じ日本人。理解できる部分もあります。


広々とした平城宮跡にぽつんと立ってみると

「夏草やつはものどもが夢のあと」(芭蕉)という句がぴったりの気持ちになります。


奈良観光、と言えばまず 東大寺、鹿、春日大社・・・といったルートになりがちですが、

安達さん曰く

平城宮跡をまず見て

その規模とお寺の位置関係を見てから巡ると

より奈良を深く知ることができると。


現代まで田んぼであったが故に

壊されずに残っていた奈良時代のなごり。

今でも奈良時代のものが掘り出される平城宮跡。


フォトウォークなのに自分の写真の出来栄えは・・・でしたが、

ちょっとしたコツを教えて頂いたり

実際に歩いて巡ることで

足で奈良を感じる事もできました。


今日の万歩計、16,203歩!















[PR]
by ichigoenglish | 2016-11-15 22:34 | 奈良 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ichigoabc.exblog.jp/tb/26944751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 合格! Lunch in Kobe >>



生きる英語教室Ichigoのブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Ichigoについて
英語教室Ichigoは、言葉とその人らしさを大切にする教室です。大人も子供も夢への一歩を応援します。
レッスンの曜日、時間などはご相談ください。
ichigoichie.abc★gmail.com
(★を@に変えてください)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新の記事
18の扉
at 2018-10-12 09:56
マスキングテープ
at 2018-10-01 20:26
ENGLISH CAFE 2..
at 2018-09-23 17:55
ルーブル美術館展
at 2018-09-22 17:53
スピーチコンテスト
at 2018-09-21 10:19
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧