Ichigo letter

カテゴリ:未分類( 15 )

成人式

f0276510_16484652.jpg
他人事だった成人式も

とうとう我が子が迎えることになりました。

高校卒業時に生徒の中で幹事を決めていて

成人の日に

学校に集い、

先生方を招待し、

子供達自身で進行、

心のこもった感謝の言葉とこれからの決意、

そして

あたたかい校長先生のお話。

これから人生の大海に出ていく子供たちにとって

卒業しても戻って来れる心のよりどころがある。

この場所にもどらなくても心の中に

その場所を持っている。

その有難さを感じた式でした。

こじんまりとしていましたが

ほのぼのと心にしみました。


巷でも

大勢の若者がこの日を迎えましたが、

成人式に出席してもしなくても

晴着を着ても着なくても

心のよりどころを確認できたなら

どこからでも自分の道を進んでいけるのではないかと思います。


こどもこそ未来。
みんなの門出に乾杯!


【今日の単語】
成人式
The coming of age ceremony


age ... 一定の年齢(例えば車の運転や、飲酒、喫煙などができる)という意味

coming of age ... 一定の年齢になる → 成人になる

というところから 成人式 the coming of age ceremony となります。














[PR]
by ichigoenglish | 2018-01-09 16:48 | Trackback | Comments(0)

年末の夕日


f0276510_19543261.jpg

今年は早めに大掃除もほぼ終わり、

夕日を眺めながら

今までにない心の余裕のある年末。

今年を振り返ってみると

正反対で、全然余裕のなかった年ですが。

毎年毎年加速的に時間が過ぎている気がするのは

生きている年月を分母、

一年を分子とした場合

分母が大きくなればなるほど一年が小さくなる、

すなわち短く感じるわけだそうです。(友人曰く)


時間はそれで仕方のない事ですが、

今日、マインドマップの師匠からこんなことを聞きました。


かの Audrey Hepburn (オードリー ヘップバーン)は言っています。

As you grow older, you will discover that you have two hands,

one for helping yourself, the other for helping others.


(年を重ねていくにつれ、2つの手を持っていることに気付きます。
 一つは自分自身を救う事、もう一つは他の人を救うためのものです。)



時間はどんどん短く感じて、

歳を重ねることを悲観的に思いがちですが、

ブラスの面では

経験値、知恵は増していき

それを自分と他人の為に使うことができるようになる、と言う事。

だから、Hepbernのように、むしろ、前向きに捉えましょう、と。


新年を迎えるにあたって、

また短く感じる一年でしょうが、

そういう気持ちをどこかに持ちながら過ごせたらいいな、と思います。
















[PR]
by ichigoenglish | 2017-12-30 19:54 | Trackback | Comments(0)

12月

f0276510_07565639.jpg
ながらくご無沙汰していたあいだに

クリスマスの月になっていました・・・

Time flies!

そんな中、大人も子供も教室の生徒さんたちは

確実に前進し、

学び続けている姿に

私の方が感動と勇気と励ましを頂いていて

毎レッスンが感謝の賜物です。



また今年も誕生日を迎えた私は

若い頃の自分が見ていた「十分な大人」となりましたが、

年々、身体の年齢に心の年齢が追い付いてなく、

その差にギクシャクしています。



Iris Apfel という96歳のNY在住のアメリカ人インテリアデザイナーであり

ファッションアイコンとして現役で活躍されている方がいます。

この9月にCNNでのインタビューで語ったものがこちら↓。

Be appropriate ( 相応にあれ、ふさわしくあれ )

と彼女は言います。

年齢を重ねたからといって

いつまでも若く見られたいから若者の真似をするのは醜い、

それはもっと年老いて見せるだけだと。

相応である、というのは 歳に対してではなく

「自分にふさわしい」「自分らしいもの」という事。

また、social media は 人々に過干渉していて ( spoon-fed

それにふりまわされて社会は homogenized ( 均質化された )だと。

(ここで spoon-fed という言葉が出ていますが

これは「親が赤ちゃんにスプーンですくって食べさせる」という意味から

自立的な考えや行動を阻止する、という意味の動詞spoon-feedの過去分詞です。)


どこで誰が何をしているか、

どんな話をしているか、

情報を次から次へと回して、

それらは時間の無駄。

そんなことを気にしないで

自分の興味を追いかけていればいいと。

多様性が一番面白いと。



人生の先輩方の弁、

人種の違う人たちからの新しい風、

参考にしたいと思います。



一年の締めくくりに

今年の自分と来年の自分を思いながら

今、目の前の日常に感謝です。


Merry Christmas!
皆さんが笑顔でいれますように!!














































[PR]
by ichigoenglish | 2017-12-09 07:56 | Trackback | Comments(2)

コップの水

皆さんは7本指のピアニスト、西川悟平さんをご存知ですか?

大阪の堺市浜寺出身、

15歳という世間では遅いと思われる年でピアノを始め

音大卒業後、有名なピアニストの目にとまりスカウトされニューヨークに渡米。

最高のアメリカンドリームをつかんだと同時に

難病ジストニアにより「一生ピアノを弾くことができない」と

5人の医者に見放されるも

その逆境を乗り越え、

今また世界中で活躍するピアニストとなっている方です。


先週の金曜日にこの西川悟平さんの対談と演奏を聞きに行ってきました。

難病、7本指のピアニスト、そう聞いただけで、

どれほどつらいお話か・・・と身構えていた私でしたが

こんなにも明るくて楽しい、しかも前向きな気持ちになれる講演は他にありません。

まさに陽転思考です。

指が7本しか動かない、のか 指がまだ7本も動く、のか。


砂漠に飛行機が墜落した時、

コップに水が半分しか残っていないと考える人は死に、

コップに水が半分もあると考える人は生き残ったというデータがあるそうです。

Half full or half empty?


西川さんは Half full の生き方をしてこられたからこそ、

医者に見放された状態を乗り越えることができ、

今たくさんの人に勇気と感動を与えることが出来ています。


指が10本動いていたときにわからなかった事、

7本になったからこその、ひとつひとつの音を出すことができる喜びと感謝。

その音のつながりでできる音楽。


ピアノに関してはド素人の私が

西川さんの弾く ”Time to say good bye”に涙が自然にあふれて止まりませんでした。

こんな経験は初めてでした。


後でネットで検索して見つけたサイトがこちら↓。そしてこちらも↓。西川さんの一部分ですがご覧ください。





















[PR]
by ichigoenglish | 2017-07-16 23:32 | Trackback | Comments(0)

サクラ

f0276510_22474674.jpg
平日の曇り空の元の佐保川は

満開の花々と共に

見に来る人もまばらで

週末とはうって変わって

落ち着いた日常でした。

昨年末に手術をした父も元気になり、

母と一緒にここに連れてくることが出来た事、

こうして母のおにぎりを食べながらお喋りと

満開の桜を愛でる事が出来ることに

感謝しかありません。

娘のサクラも咲いたので

今年は心置きなくこの季節楽しめます。


これから新学年、新しい環境で頑張る皆さんの

新緑の季節ももう間もなくです。

























[PR]
by ichigoenglish | 2017-04-15 22:47 | Trackback | Comments(0)

日記

New year resolution今年の抱負)はありますか?

昔から今年こそは、と思って長続きしなくて、もうあきらめてしまっていた事のひとつに日記があります。

それが、生徒さんからこんな英語で書く日記をご紹介いただきました。(↓)
f0276510_10354718.jpg

f0276510_10360326.jpg
           (Q&A Diary 英語で3行日記 / 出版社 : アルク)

表紙だけ見ると普通の日記のようですが、

中を開けると毎日違った質問が。

例えば

What do you see in front of you right now?
(目の前には何が見えますか?)

とか

What did you have for lunch today?
(今日のお昼は何を食べましたか?)

とか

Are you sleepy right now?
(今、眠いですか?)

といった質問から

If you could fly, where would you go?
(空を飛べたら、どこに行きますか?)

とか

What qualities do you look for in a friend?
(友達にはどんな要素を求めますか?)

といった、「ん~~。」としばし真剣に考えてしまうようなものまで

多種多様な質問が一つ書いてあって、

あらためて考えたりするのも楽しい時間です。



質問に対して英語で3行、答えていく、という形なので

書きやすい気がします。

例文も、使える単語なども載っていて

メモ部分にはその他書きたい事も書けます。


一人だと誰に責められるものでもなく「ま、いっか~。」と挫折してしまうところを、

同朋がいればなんとか続くのでは・・・と

期待している私でした。

(事実、私の友人も一人、引き込んでしまいました・・・)

ご紹介下さったIさん、ありがとうございます!

皆さんも書店で手に取ってみられては?!

















[PR]
by ichigoenglish | 2017-01-15 10:33 | Trackback | Comments(0)

Lunch in Kobe

f0276510_10570620.jpg

素敵な人たちが作るもの…

それが食べ物でも

雑貨でも

とても気持ちのいいものです。


久しぶりの再会でしたが

いつもハツラツとした彼女と共に

彼女の知人のオーナーの作る本格インドカレーをいただきに

奈良から神戸へ。 (お店は「シャミアナ」です。)

今は近鉄線が阪神線と一緒になっているので

神戸は意外と近く

乗り換えなしに三ノ宮まで行けます。


手作りの師匠ともいえる彼女と

スパイスのきいた美味しいカレーに舌鼓を打ちながら
(食い意地に負けて写真を撮り忘れてしまいました!!)

手作りの話、

英語の話、

オーナーさんも加わってインドの話・・・などなど

食後のチャイも最高で、

本当に幸せな時間でした。

そして、素敵なプレゼントまで!


これも彼女の手作り 一閑張りのバッグです。

お友達の書 
「月日は百代の過客にして 行きかふ年もまた旅人なり」(芭蕉)

がバッグにあしらわれているのもいい感じです。


今月は私の誕生月でもあるので

全てが

とてもいいプレゼントになりました。

ありがとうございました!!

















[PR]
by ichigoenglish | 2016-11-10 22:13 | Trackback | Comments(0)

ブータンからの人

f0276510_15333741.jpg
イングリッシュ カフェで知り合った先生のお宅に

ブータンBhutan )からの女性がホームステイしているというので

先生のお友達と一緒に potluck party に参加してきました。

potluck は 持ち寄り食事会 の事です。


ブータンと聞いて思い出すのが

2011年に来日された国王の

「国民総幸福量」を重視するといった演説だと思いますが、

詳しい知識もほとんどないまま、

初めて出会うブータンの方にワクワクしながら参加しました。


ブータンの南はインド、北に中国(チベット)、さらに西側にはネパールといった位置にあり

中国との国境の大部分はヒマラヤ山脈の上を走っています。

国土の44.6%が標高3000m以上、

40.3%が標高1,200m~3,000m、

標高1,200m以下は15.1%しかないというところです。

国土の72%が森林で、 

自然豊かな美しいところだそうです。


食べ物は主にお米で、

山地にもかかわらず、棚田などでお米が栽培されています。

そして

どの料理にも欠かせないのは chilli( 唐辛子 )だそうで、

今回も 自分の食事用「マイ チリ」を持ってきているらしく

どんなものか味見させていただきました。

日本人が海外旅行で「マイ 醤油」を持ち歩くのに似ていますね!


そして potluck

彼女手作りの ブータン料理で 辛くないもの、

Daru ( ダル )という レンズ豆のスープを頂きました。


民族衣装に着替えてくださり、

普段の生活にはいているという巻スカート、

(特別な時には刺繍が施されたり柄も違ったり糸が違った織物だそうで

普段は綿の巻スカートです)

色の鮮やかなシルクの上着に異国を感じ、

それでも顔はどこか日本人にも似ていて

不思議な感じでした。


ブータンの英語教育は進んでいて

小学生は全教科英語で授業だそうです。

公用語は国語の「ゾンカ」と英語だそうで、

旅行者は英語さえ話せればそれほど困る事もないそうですが

国語のゾンカ語が だんだん消えていくのではとの懸念もあるそうです。


皆さんと色々な深い話もできて

それぞれの美味しいお料理に舌鼓をうち

有意義な楽しい時間を過ごせました。



まだまだ知らないことだらけ。

世界は広いですね!!

















[PR]
by ichigoenglish | 2016-10-18 22:33 | Trackback | Comments(0)

アイデア

f0276510_12290205.jpg
f0276510_12391870.jpg

マインドマップを利用した教室でのレッスンですが、

毎回配布する私の手作りマインドマップを

まず半分に折り

裏の部分に糊をつけて

一枚一枚貼り合わせ

一冊の本にしている生徒さんがいます。

表紙には旅行会社のパンフレットの海外の綺麗な写真を切り取ってデコレーション。

背表紙をつければもっと完成度も高くなる、との話でした。


ついに最近2冊目突入!

・・・ということで

写真を撮らせていただきました。


プリント類はついついファイルの中に眠りがちですが、

こんな風に手に取って開けやすいものにすると

内容を目にする回数も増えそうですね!

そしてなにより、記憶するには何度も目に触れるようにすることが大切。



マインドマップの中の言葉たちが喜んでいるようで

私はとても嬉しくなりました!!


ありがとうございます!

これからも見やすくわかりやすいマインドマップ書いていきま~す。












[PR]
by ichigoenglish | 2016-09-21 12:26 | Trackback | Comments(0)

大雪!

f0276510_23572929.jpg

この奈良に越してきて

こんなにも雪が積もったのは何年ぶり?!

毎週末は雪、雪。。。

大雪警報で、学校から早く帰って来た娘と、

ついつい童心にかえり、

庭で雪だるま作りに熱中してしまいました。



気がつくと

庭は、

足跡と

いろんな形の雪だるまで一杯になって

長靴の中の足は冷え切ってて。。。



スカイプで

実際に雪を見た事がないというシンガポール人の友人に見せて

二人で盛り上がり、

この時代のテクノロジーに感謝!

シンガポールは32℃らしいです。



奈良では、まだまだ降り続いています。

f0276510_2359383.jpg

[PR]
by ichigoenglish | 2014-02-14 17:45 | Trackback | Comments(0)



生きる英語教室Ichigoのブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Ichigoについて
英語教室Ichigoは、言葉とその人らしさを大切にする教室です。大人も子供も夢への一歩を応援します。
レッスンの曜日、時間などはご相談ください。
ichigoichie.abc★gmail.com
(★を@に変えてください)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新の記事
ワクワクの瞬間
at 2018-03-30 08:34
早朝の公園
at 2018-03-29 07:11
ミモザの日
at 2018-03-08 08:32
Spring is here!
at 2018-02-28 23:59
雪の朝
at 2018-02-12 09:48
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧