Ichigo letter

カテゴリ:京都( 4 )

京造ねぶた2018



f0276510_11162843.jpg

今年も京都造形芸術大学のねぶたを見に行ってきました。

毎年1回生が学科を越えてグループでするプロジェクト。

クリエイティブさだけでなく

アイディアをどう形にするか

学科の違うメンバーとのコミュニケーションや

実際の作業の効率化や

期限までに仕上げるマネジメント力。

そういったことをすべて

鍛えられる数カ月間。

テーマに沿った案を出し、設計など、準備作業。

そして9月に入って実際の制作に取り掛かる白いねぶた。

今年も素晴らしい作品たちに圧倒されました。

f0276510_11164580.jpg

【今日の単語】
manage 動)(人を)統御する、(事業などを)運営する、管理する
        どうにか成し遂げる、うまく…する




[PR]
by ichigoenglish | 2018-09-16 21:14 | 京都 | Trackback | Comments(0)

KYOTO

f0276510_06260203.jpg
体温以上という記録的な暑さの京都でしたが、

娘に誘われ、みやこめっせで開かれていた「 紙博 」と

大学のプロジェクトで関わっている場所、

佛光寺内にある

d and department Project Kyoto のお店に行ってきました。

紙博は文字通り、

紙に関する企業、印刷会社、お店、デザイナー、作家さん達が集うイベント。

美しい和紙や紙、

色々な質感の印刷、

面白いデザイン、

かわいいものに心ワクワクしながら

一枚の紙から創造されるものの広がりに感動します。

そして、

d and department は

長く愛されている物、をテーマに考えるプロジェクト。

シンプルだけど何十年も変わらずに使い続けられているデザイン、

みんなから愛され続ける理由、

そんなものたちを集めた場所。

カフェもあるのでご飯やお茶が出来ます。

お寺の中にあって

喧噪から外れた場所で

夏の暑さに少しほっと一息入れられる

そんなところでした。

地下鉄の駅の辺りには

祇園祭の山鉾が立っていて

あちこちに浴衣姿の人達が

お祭りモードを盛り上げていて

この暑さも

少し暑すぎる感もありますが、

京都の夏っぽいのかなと

思います。




【今日の単語】
山鉾  festival float

山鉾巡行 Yamahoko float procession





[PR]
by ichigoenglish | 2018-07-16 06:25 | 京都 | Trackback | Comments(0)

冬のサクラ

f0276510_17220664.jpg
新年が明けて、はや8日。

今年も受験生たちの熱い日々がやってきます。

京都 知恩院で見つけた桜。

こんな冬に?!

とびっくりですが、

全国の受験生達に・・・と写真で応援。

今までの努力が実って

早くサクラが咲くことを祈っています。

そして

Believe in yourself!



娘の好きな歌を皆さんにも・・・!

Greeeen 「ビリーヴ」(↓こちら)


今目の前の世界を見渡してみる

思い焦がれたいつかの僕が見ている

誰にも言えない涙を忘れてないよ

あの日の君の「頑張れ」に感謝しています


こんなすばらしい気持ちは僕の人生で

あと何回ぐらい感じるの

だからこの瞬間(トキ)を全てぶつけんだ


僕にとっての後悔は 諦めたとき

悔しさ涙もあの日々も 胸(ココ)に連れてくんだ

まだなんにも始まっちゃいない 自分で決めた道

だから少し楽しんでいこう 始まりの声がする


いつか憧れた自分を見失わずにいたいのに

気付けば僕らは弱いときもある

本当は分かってる背を向けたら僕の心が振り向いて

踏んばってみろよって涙流してる


誰かに任せた毎日じゃ何も変わらない

願って笑って夢を見て

一度きりの僕に立ち向かってくんだ


別に特別な力が あるわけじゃない

諦めないって決めただけ それを信じてんだ

どれだけ続くか分からない 自分で決めた道

あと少し もう少し 今を越えたくて


ラララ この唄連れて  ラララ描いて前へ

ラララ いつかたどり着くだろう  ラララ 決してやめないだけ


気付かないふりをして 慰めてもらっても

そんなのはもうたくさんだ 時間は流れていく

あと一歩あと一歩って出来ても出来なくても 

挑んでるのが自分らしく誇らしく笑えるんだ


誰かが僕を笑っても 無理だって笑っても

それを決めるのは 自分自身だから

弱く儚い一瞬に 強くなりたい一心で 

どこまで行けるだろう


僕が僕を信じられるように 嘘はつかない

嬉しい涙に出逢えるように それを信じてんだ

まだなんにも始まっちゃいない 自分で決めた道

だから少し 楽しんでこう 始まりの声がする


別に特別な力が ある訳じゃない 

諦めないって決めただけ それを信じてんだ

僕が続ければ終わらない 未だ旅の途中

あと一歩もう一歩 歩き続ける


今日もどこか 響くだろう 誰かが呼ぶ声





















[PR]
by ichigoenglish | 2017-01-08 17:21 | 京都 | Trackback | Comments(0)

祇園祭


f0276510_22384930.jpg
f0276510_09561398.jpg

子供の頃、家族で行って以来の祇園祭。

山鉾巡行の日ではありませんでしたが、

あらためて近くで山鉾を見たくて行って来ました。
f0276510_22400119.jpg
                                 (大船鉾)
f0276510_22411861.jpg
                                 (大船鉾の後部)
f0276510_22421203.jpg
祇園祭は八坂神社の祭礼で、平安時代に疫病を抑えるために行われたのが起源です。

御存じの通り、日本3大祭りのうちの一つと言われ、

お祭り自体は7月の1カ月間続きます。

神輿は神様の乗り物で、神様を神社からお旅所に移す前に

神様の通り道を清める為に山鉾が町の人達によって引かれたのが始まりだそうです。

そして、また神様を神社に御戻しする前に

後祭りでの山鉾巡行で通りをお清めするということらしいです。

昔から守り続けられている神事や儀式、

それで使われる物などを知ると

自分たちの歴史やいろいろな事のルーツが分かって面白いですね!
f0276510_22482580.jpg
f0276510_22504922.jpg
f0276510_22540118.jpg
祇園祭での山鉾の錦の装飾もまた大変興味深いです。

全然日本っぽくないデザインばかりです。

シルクロードを伝わってきた文化の終点の地が日本だからでしょうか。

古代の日本は今よりもっとグローバル社会だったのかもしれませんね。

f0276510_22551515.jpg
               (明日からの後祭りの巡行に向けて鉾を建てているところ)































[PR]
by ichigoenglish | 2014-07-20 22:43 | 京都 | Trackback | Comments(0)



生きる英語教室Ichigoのブログ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Ichigoについて
英語教室Ichigoは、言葉とその人らしさを大切にする教室です。大人も子供も夢への一歩を応援します。
レッスンの曜日、時間などはご相談ください。
ichigoichie.abc★gmail.com
(★を@に変えてください)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新の記事
TEDxKyoto
at 2018-11-05 07:36
英単語講座
at 2018-10-29 21:22
ENGLISH CAFE 2..
at 2018-10-27 11:57
18の扉
at 2018-10-12 09:56
マスキングテープ
at 2018-10-01 20:26
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧