Ichigo letter

<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

かわいい子には旅を・・・



f0276510_14131862.jpg
おとなしくて口下手な息子が

自分から行きたいと言い出したサンフランシスコへの旅。

本当に行きたいならお父さんを説得してから、

という言葉に

勇気を出して一歩踏み出しました。


台湾経由の格安便。

乗り継ぎの時間も含めると関空を出て最終目的地まで17時間。

心配はすればするほど尽きませんが


かわいい子には旅をさせよ。

A pampered child learns little;
the best education is to be forced out into the world.


( 甘やかされた子供は学びが少ない。 
一番の教育は世界に放り込むことだ。)



英語でも同じ表現があるということは、

子育てはどこも同じということですね。


人生の大海原にかける橋を

見つけるきっかけになればいいな~と

祈っています。




【今日の単語】
pamper (動)甘やかす、非常に(過剰なほど)手厚く扱う

























[PR]
by ichigoenglish | 2018-08-22 13:31 | こども | Trackback | Comments(0)

ジョン マン


f0276510_14121633.jpg
中学生の生徒さんに用意した本、ジョン 万次郎の本でしたが

今日は朝からすっかり読みこんでしまいました。

ことばも平易で状況が想像しやすいので小・中学生に読みやすい本だと思います。

ところどころカタカナで英語が出てくるので辞書で綴りを確認してみてもいいですね。

例えば、ジョン万次郎が父の代わりとなった船長の話を立ち聞きしてしまう場面で・・・

eavesdrop 盗み聞きする という言葉が出てきます。

eaves とは 軒(のき)、

drop は したたる水。

eavesdrop で盗み聞きする/立ち聞きする とは面白いですね。


子供達、残りの夏休み、感想文の宿題にいかがですか?




【今日の単語】
eavesdrop 立ち聞きする / 盗み聞きする






































[PR]
by ichigoenglish | 2018-08-21 20:09 | | Trackback | Comments(0)

dinosaur

f0276510_22242024.jpg
特に休み中の予定もなかった我が家でしたが

お盆、前日の夜に急に決めて宿を取り、

行ってきました、福井 東尋坊・恐竜博物館の旅。


14日・15日、心配した車も渋滞無し、快晴で順調。

夫や子供たちは初めての東尋坊。

海の無い奈良なので

海が見えるとみんな子供みたいにワクワクして

ビーチを見ると水に入りたくなってしまいます。


しかし、東尋坊はご存知の通り

険しい岩壁の海岸。

ほとんど垂直の崖が沢山あります。

下をのぞむと真っ青で透き通った海水が。

快晴でしたが気温も半端なく高く

Tシャツをすぐに着替えないといけないぐらいでした。

それでもこの壮大な景色は

心をスッキリさせてくれます。
f0276510_14541707.jpg

2日目、山側に車を走らせて恐竜博物館へ。

そこは思ったより立派で見ごたえがありました。

この辺りも恐竜が闊歩していた時代があったんですね。

朝イチに行ったので、これも車や人の渋滞を避ける事ができてラッキーでした。

希望者には化石を発掘調査参加できるらしいです。
(発掘したら名前と共に博物館に展示してもらえます)

その恐竜の骨の太さとスケールの大きさに驚きます。



太古の昔の生き物の化石を見、

地球のマグマが固まったという東尋坊の岸壁もしかり、

地球の不思議を感じた2日間でした。


そしてなにより、

だんだん家族で旅行できる時間をとるのも

難しくなってきているので

今回、急でしたがみんなで来れたことに感謝です。

f0276510_22263129.jpg

【今日の単語】
火成岩   igneous rocks

=マグマが冷え固まり結晶化した岩石
 rocks crystallized from Magma

























[PR]
by ichigoenglish | 2018-08-15 23:50 | Trackback | Comments(0)

つばめのねぐら入り

f0276510_09074084.jpg
去年、生徒さんから教えて頂いた 「つばめのねぐら入り」。

今年こそ絶対見たい!と思っていたので時期を待ち構えていました。

「日本野鳥の会」のHPでその観察会があったのを見つけて参加してきました。


春から夏にかけて日本にやって来るつばめ。

民家の軒先や人が出入りする場所に巣を作り子育てをします。

人間がつばめを天敵(カラス・ヘビなど)から守るという形になって

その子育てに大きく貢献しています。

ヒナが大きくなり巣立つと

次の「渡り」までの間、大きな川の河川敷などで集団で暮らします。

夜明けに集団で飛び立つのが つばめのねぐら立ち。

日没前にねぐらに戻ってくるのが つばめのねぐら入り です。

つばめのねぐらは日本各地に点在していて、

奈良では平城宮跡の芦原に約4万羽が集まってきます。


夕方6時頃はまだ一羽も飛んでいなかったのに

日没前の30分ぐらいまでには

空を仰げば何万羽と集まってきて旋回しています。

よく見ているとグループがあるような・・・

渡りのグループなのかもしれません。

こんなにたくさんのつばめを見たことがなかったので

その光景に圧倒されて

首が痛くなっているのも気にならないぐらい

空を見上げたまま居ました。

そして日没ギリギリにはその数万羽がどんどんと

芦原に吸い込まれるように入っていきます。


f0276510_09070760.jpg
       (↑空にゴミの様に見えるのは全てツバメです・・・)
f0276510_09080756.jpg
芦原に入ったすぐ後はツバメたちの声が騒がしいのですが

日没後暗くなってくると

もう虫の声しか聞こえなくなります。


こんな光景が人間の生活の横で毎日行われているのも

不思議な感じです。

今まで全然知らずに過ごしてきましたが

こうして身近な生き物に目をとめるのも

新たな発見で楽しいですね。



ピークは8月中旬ですが9月のはじめぐらいまでは見られるそうですので

一度体験しに行ってみてはいかがでしょうか?


ちなみに、関西では以下が大きなねぐらです。

宇治川(京都府京都市)河川敷 約25,000羽
平城宮跡(奈良県奈良市)   約40,000羽
鵜殿 (大阪府高槻市)    約40,000羽
加古川河口(兵庫県加古川市・高砂市)約80,000羽

 




【今日の単語】
渡り(鳥、魚などの移動) migration













[PR]
by ichigoenglish | 2018-08-11 22:44 | 奈良 | Trackback | Comments(0)



生きる英語教室Ichigoのブログ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Ichigoについて
英語教室Ichigoは、言葉とその人らしさを大切にする教室です。大人も子供も夢への一歩を応援します。
レッスンの曜日、時間などはご相談ください。
ichigoichie.abc★gmail.com
(★を@に変えてください)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新の記事
京造ねぶた2018
at 2018-09-16 21:14
岸和田だんじり
at 2018-09-15 22:17
災害列島・・・
at 2018-09-07 14:53
かわいい子には旅を・・・
at 2018-08-22 13:31
ジョン マン
at 2018-08-21 20:09
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧